SAP Logo LeanIX is now part of SAP

ユースケース

アプリケーションの最新化

確立されたベストプラクティスに従ってアプリケーションランドスケープをアップグレードすることにより、ビジネスパフォーマンスが向上し、ITセキュリティが確保され、組織の俊敏性が実現します。

Browserbar
Story Background

クラウドへのアプリケーションの移行は、数あるアプローチのうちの1つです。ITランドスケープの将来性というメリットを最大化するために、最新化には適切な計画、管理、および追跡が必要です。

アプリケーションの
最新化のためのLeanIX: 数字

お客様はLeanIXを活用して、アプリケーションの最新化を推進し、技術的負債を解消し、より良いユーザーエクスペリエンスを実現することで、数多くのメリットを実感しています。

Save-75%

ステークホルダーから重要なデータを収集する際の時間の節約

Accelerate-80%

最新化プロジェクトを開始する際の意思決定の迅速化

Reduce-app-cost-20%

変革プロジェクトの納期遵守率の増加

LEANIXコネクトサミットセッション

アプリケーションの最新化とクラウドネイティブ化

E.ONのチーフアーキテクトであるマーカス・リンク氏が、LeanIXを活用したE.ONのアプリケーションの最新化について、戦略定義から実装計画までを説明しています。

LeanIXでアプリケーションランドスケープを未来に備える

アプリケーション
ポートフォリオの評価

  • 各アプリケーションのビジネスオーナーを特定し、文書化します
  • Surveysを使用して、バージョン、ライフサイクルステージ、ホスティングタイプ、技術的適合性、機能的適合性、およびビジネス上の重要性など、アプリケーションに関するすべての関連データを収集します。
  • TIME(許容、投資、移行、廃止)手法に基づいてアプリケーションを分類します。

最適な最新化候補の評価

  • 事前定義されたマトリックスレポートとデータフロー図により、最新化に影響する依存関係を評価します
  • 6R方法論(リホスト、リプラットフォーム、再設計、置換、保持、廃止)を適用し、最新化計画を導きます
  • アプリケーションのビジネス上の重要性と緊急性に基づいて、最新化の波に優先順位を付けます。

目標ランドスケープのモデル化と最新化ロードマップの構築

  • 事前定義された変革(アプリケーションテクノロジーの変更、アプリケーションの廃止など)を使用して、モデリングを合理化および迅速化します。 
  • 計画された変革が現状のランドスケープに与える影響を、動的な可視化によって比較します。
  • 最新化とクラウドへの移行のための詳細で連続したロードマップを作成します。

容易な変革の実行と変更の文書化

  • アプリケーションポートフォリオで計画されている変更の包括的なリストにアクセスします
  • フィルタの適用と定義された変更の実行により、進捗状況を確実に文書化しま
  • 計画された変更の実行後、ワンクリックでITリポジトリとレポートを更新できます

洞察の提供と進捗状況の追跡

  • カスタマイズされたダッシュボードで様々なステークホルダー グループに情報を提供し、最新化イニシアチブを通じて連携を維持します
  • 最新化および移行イニシアチブの進捗を追跡し、今後の概要を提供します
  • KPIを達成するための取り組みが順調に進んでいることを確認し、調整の必要なタイミングを迅速に特定します
G2_Logo_Red_RGB

お客様の声

お客様が LeanIX を選ぶ理由

お客様の声をお聞きください - 当社のお客様がどのように LeanIX を活用して
IT最新化に取り組んだかをご覧ください。

G2 でレビューを読む