SAP Logo LeanIX is now part of SAP

ユースケース

アプリケーションの合理化

Browserbar
Story Background

最新化を実現するには、目標アーキテクチャの効率的な設計、実用的なロードマップの作成、最適化されたITランドスケープに向けた進捗状況の追跡を可能にするソリューションが必要不可欠です。

LeanIXのお客様から寄せられたメリット

50 M

LeanIXで5,000万ドルのコスト削減を達成

30 %

冗長アプリの30%を6ヶ月以内に削除

1 M

100万ドルの追加サポートコストを回避

Estée Lauder

アプリケーションポートフォリオの最適化

「アプリケーションポートフォリオを最適化するための最初のステップは、アプリケーションのランドスケープ全体を把握することです。」

Dawitt Lessanu, Executive Director of EA - Estée Lauder

その仕組み

LeanIXで複雑さとコストを管理

アプリケーションの
スコープを簡単に特定

  • ライフサイクル、ビジネス機能、機能的および技術的な適合性などに基づいてアプリケーションをフィルタリングしま
  • フィルタリングしたアプリケーションのリストを保存し、今後簡単にアクセスできるようにします
  • 責任ある所有者向けの柔軟なSurveysとサブスクリプションでデータを強化します

アプリケーションの評価

  • 事前定義されたレポートを使用して合理化候補を特定し、各アプリケーションのコストと価値を分析します
  • ポートフォリオを分類するために、TIME手法 (許容・投資・移行・廃止) を適用します
  • アプリケーションとプロジェクト間の相互依存関係を調査し、アプリケーションの廃止時に重要な機能が影響を受けないようにします
  • 短期、中期、長期の施策で、各アプリケーションの将来の計画を策定します

プロジェクト
ロードマップの作成

  • TIMEのアプリケーショングループごとにプロジェクトファクトシートのタイプを活用し、それらをメインプロジェクトにリンクさせます
  • プロジェクトを目標ファクトシートにリンクバックし、プロジェクトがどのように戦略をサポートしているかを概説します
  • 事前定義されたレポートにより、ロードマップの概要を簡単に把握できます
  • プロジェクトのタイムラインを表示し、プロジェクト内のすべてのアプリケーションの終了日を確認できます

ステータスの追跡と進捗の報告

  • 事前定義されたダッシュボードを活用し、アプリケーションの合理化イニシアチブの進捗を追跡、レポート、および共有します
  • ステークホルダーに、現在および目標状況の透明性を提供します
  • 定期的にアプリケーションレビューサイクルを実施し、常に進化するアプリケーションポートフォリオを把握します
Chandra Venkat

「今や、組織のあらゆるビジネスリーダーは、どのアプリケーションの合理化が必要なのか、あるいはクラウドの最新化の候補として検討できるのかを把握しています。」

Chandra Venkat Associate Director Enterprise Architecture, Carrier

G2_Logo_Red_RGB

お客様の声

お客様が LeanIX を選ぶ理由

お客様の声をお聞きください - 当社のお客様がどのように LeanIX を活用して
IT最新化に取り組んだかをご覧ください。

G2 でレビューを読む