SAP Logo LeanIX is now part of SAP

ユースケース

アプリケーションポートフォリオ評価

Browserbar
Story Background

インタラクティブ製品ツアー

実際の動作をご覧ください

複雑さを減らし、コストを管理し、アプリケーションを重要なビジネス機能に適合させることで、組織は全体的な有効性と競争力を向上させることができます。 これらの取り組みすべてにとって、整理された最新のアプリーケーションリポジトリが不可欠です。複雑なスプレッドシートでは対応できません。

複雑なITランドスケープに透明性をもたらす

「私たちは何千もの異なるアプリケーションを持つ大規模なITランドスケープを有していますが、これまでは全包括的な全体像や透明性が確保されていませんでした。LeanIXのおかげで短期間でグローバルなITランドスケープの全体像を把握することができました。今では特定のビジネス機能がどれほど重要で、基盤となるITシステムがそれをどの程度サポートしているかを明確に理解できるようになりました。」

KUKA logo
Christian Schwaiger, Head of Corporate EAM

その仕組み

LeanIXでソフトウェアの複雑さとコストを管理

データ資産とアプリケーションの同期化

  • 既存のアプリケーションデータを Excel からインポート、または十分に文書化されたオープン API を通じてインポートを開始します
  • 自動化された SaaS 検出を活用して、すべての SaaS アプリケーションを見つけ、インベントリに追加します
  • 各アプリケーションの担当者であるビジネス部門と IT 部門のステークホルダーを特定し、サブスクリプションを通じて所有権を持たせます
  • ビジネス機能マップを初めから作成したり、ベストプラクティスに基づくビジネス機能マップをインポートしたりします

各アプリケーションの詳細な評価を実施

  • アプリケーションをビジネス機能にリンクさせることで、どのようにビジネスをサポートし、可能にするかを文書化します
  • Surveysを利用して、各アプリケーションの重要性や、組織内での機能的および技術的な適合性に関するデータを収集します
  • アプリケーションをその基盤となるソフトウェアやハードウェアの IT コンポーネントにリンクさせ、依存関係と関連コストの概要を把握します

目標とするアプリケーションポートフォリオの設計

  • ビジネス機能マップを使用して、アプリケーションランドスケープ内の冗長性を特定します
  • 提供および消費されるインターフェースを通じて、アプリケーション間のデータフローと依存関係の概要を把握します
  • 事前定義されたレポートを使用して、各アプリケーションのコストと価値を分析し、合理化する候補を特定します
  • ガートナーのTIME手法(許容、投資、移行、廃止)を適用して、ポートフォリオを分類し、合理化の候補を見つけます。

合理化ロードマップの策定

  • ビジネスの重要性、機能的または組織的なユーザーグループに応じて、合理化の取り組みのスコープを定めます
  • 短期的、中期的、および長期的な施策の波の中で、各アプリケーションの今後の進め方を定義します
  • ダッシュボードとレポートにより、ステークホルダーに現状と目標状況の透明性を提供します
  • 継続的な合理化を計画し、アプリケーションポートフォリオが常に俊敏性を維持できるようにします

LeanIXのお客様から寄せられたメリット

1.2 M

年間120万ドルのアプリケーションコストを削減。

30 %

冗長性の高いアプリケーションとITコンポーネントを6ヶ月以内に30%削除。

1.3 M

イノベーションに必要な資金を130万ドル捻出。

G2_Logo_Red_RGB

お客様の声

お客様が LeanIX を選ぶ理由

お客様の声をお聞きください - 当社のお客様がどのように LeanIX を活用して
IT最新化に取り組んだかをご覧ください。

G2 でレビューを読む